「焼き餅」について

d0285016_521737.jpg

海苔を巻いたお餅に醤油を塗って焼いたり、焼いたお餅を砂糖醤油に浸けて食べる話では無く、誰でも経験が有る感情の「焼きもち」の事だよ。

ひょんな事から、「焼きもち」について俺なりに考えてみたさ。
以下の話は、あくまでも俺の個人的な思い付きで有って、何の根拠も無いと言うのを最初に断っておくね。

タイトルに「焼き餅」と書いたけど、メールで書く時は「焼きもち」と書いてる。気持ちだから食べる餅と誤解されない様にね。でも、「焼き餅」で良いんだ!

辞書で調べる時に「やきもち」で調べたら【】で「焼餅」と書いてあって、食べるお餅と嫉妬の二つの意味について書かれてたんです。
そして、嫉妬(しっと)にはやっかみや僻み(ひがみ)や妬み(ねたみ)が含まれてる。

そこで、ひらめいた!
もしかしたら、正しいのは「焼き餅」じゃなくて「妬気持ち(妬く気持ち)」じゃないのかと。

自分なりに「やきもち」を定義づけてみた。
【焼き餅】とは、自分の愛する相手が、自分以外の人を愛する、もしくは愛されるのを嫌う事で生じる感情。
【嫉妬】とは、自分が持っている物より良く見える物自分が欲しい物を持っている相手に対して快く思わない時に生じる感情。

俺は、焼き餅を焼いた事はほとんど無いんだ。それは、愛する人を信じたいから。

焼き餅も嫉妬も、結構異性に対して生じる場合が多い感情だと思う。
俺個人的には、焼き餅は愛情のバロメーターだと思ってる。
これに関しても個人差が有るだろうけど、愛する女性から適度(可愛い)な焼き餅や嫉妬を受けるのは嬉しいかも。

皆さんも、たまには愛する人に焼き餅を焼いてみてはいかが?
但し、怒るんじゃなくて、拗ねる(すねる)んですよ♪
[PR]
by 280723 | 2013-04-09 05:21 | 恋愛

「千載一遇」は好きな言葉です。 exciteでブログを書く気持ちになったのも、これも「千載一遇」だと感じたからです。 《心で感じた事を、自分の言葉で》